(ブルーンバーグ)

24日のアルゼンチン金融市場で国債相場が急落した。大統領選挙を10月に控える同国が、ここ20年足らずで3度目のデフォルト(債務不履行)に向かっているとの懸念が広がった。

インターコンチネンタル取引所の価格データによれば、5年物クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のスプレッドは1157ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、1日で17%上昇。ブルームバーグのデータは、5年間のデフォルト確率が58%強と、1年前の22.7%から高まったことを示唆している。

アルゼンチン国債の米国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)は89bp拡大し956bpと、連日で広がった。外国為替市場ではアルゼンチン・ペソが3.7%下げた。

Argentine borrowing costs soar above EM peers amid election jitters

マクリ大統領の支持率急落で市場が動揺している。インフレ率が55%に迫り、国内経済はマクリ政権下で2回目のリセッション(景気後退)に耐えている。フェルナンデス前大統領の税制・歳出政策がその後の経済危機を招いたとの指摘もある中で、前大統領再登板の可能性も浮上した。

ゴールドマン・サックスの中南米調査責任者アルベルト・ラモス氏は「明らかに、マクリ大統領の再選は遠のきつつあるようだ。大統領選後に政策の継続性が維持される保証が低下し、それが市場を神経質にさせている」と述べた。

アルゼンチン経済省の報道官にコメントを求めたが返答はなかった。

relates to アルゼンチン国債急落、ペソも大幅安-大統領選控えデフォルト懸念

原題: Argentine Debt Market Pummeled as Election Stokes Default Fears(抜粋)

投稿者 荒尾保一