(時事通信)

【サンパウロ時事】アルゼンチン政府は23日、南部パタゴニア産のラム肉約12トンが日本向けに出荷されたと発表した。アルゼンチン産羊肉の対日輸出は初めてで、地元紙によると、1カ月ほどで日本に到着する見込み。
 同国政府幹部は「日本とは戦略的な協力関係にあり、輸出は今後伸びるだろう」と強調。牛肉とともに羊肉の対日輸出拡大を進める考えを示した。

投稿者 荒尾保一