(時事通信)

 【サンパウロ時事】経団連は29日、ブラジル全国工業連盟(CNI)とサンパウロで会合を開き、日本と南米南部共同市場(メルコスル)の経済連携協定(EPA)交渉開始を関係政府に促すことで一致した。実現への第一歩となる共同研究グループを早急に設置するよう働き掛けていく。
ブラジルやアルゼンチンなどが加盟するメルコスルはこのほど、欧州連合(EU)と自由貿易協定(FTA)締結で合意。韓国との早期締結にも意欲を示しており、日本の経済界からは、不利になりかねないとして、政府に対応を求める声が高まっている。

 

投稿者 荒尾保一