アルゼンチン情報

□ アルゼンチン新着情報です。 □
   ・随時更新しています。
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
アルゼンチンで1万人参加の盆踊り
2018/01/22

(NHK)

真夏を迎えた南米アルゼンチンで、日系人や地元の人たちおよそ1万人が参加した盆踊り大会が開かれ、参加者たちが1つの輪になって日本伝統の踊りを楽しみました。

この盆踊り大会は、首都ブエノスアイレス近郊の街、ラプラタ市にある日本語学校が毎年開いていて、会場のグラウンドには20日、日系人や現地に駐在する日本人の家族、それに地元の人たちなどおよそ1万人が集まりました。

集まった人たちは現地の日本人会の女性たちの踊りを手本にしながら、「東京五輪音頭−2020−」や「河内おとこ節」などの音楽に合わせて、会場に設けられたやぐらの周りを1つの輪になって楽しそうに踊っていました。

会場には焼き鳥などを販売する100以上の出店が並び、ことしは日本とアルゼンチンが外交関係を結んで120年となることから、日本大使館もブースを出して、うちわ作りの体験コーナーを設けるなど日本文化を紹介していました。

参加した22歳の現地の女子大学生は「日本の文化が大好きなのでずっと来たいと思っていました。さまざまな年代の人が集まって踊ることができる盆踊りは最高だと思います」と話していました。

投稿者 荒尾保一


シカゴ大豆相場 アルゼンチンの天候に注目
2018/01/21

 【シカゴ時事】来週のシカゴ商品取引所(CBOT)の大豆先物相場は、1月の米需給報告を材料とした買いが継続し、堅調に推移しそうだ。乾燥懸念が強まるアルゼンチンの天候も注目される。
 大豆先物相場は、需給報告で米国の単収予測が引き下げられほか、同国や世界全体の期末在庫見通しが市場予想を下回ったのをきっかけに反発。アルゼンチンの乾燥懸念も加わり、週末19日まで5営業日連続で値上がりした。
 米商品先物取引委員会(CFTC)の取組高報告(16日現在)によると、ファンド筋による売越枚数は、大豆とトウモロコシがともに前週に比べ増加した。
 19日の清算値は以下の通り。
 トウモロコシ3月物=前週末比6.25セント高の352.50セント、大豆3月物=16.75セント高の977.25セント、小麦3月物=2.25セント高の422.75セント (了)
[時事通信社]
配信元:時事通信
投稿者 荒尾保一

G20で仮想通貨について論議
2018/01/20

 (日本経済新聞)
ロイター通信によると、フランスとドイツは3月にアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、仮想通貨の国際的な規制を呼びかける方針だ。フランスのルメール経済・財務相は18日、「ビットコインのリスクの分析や規制についてドイツとともにG20参加国に提案したい」と述べた。両国がパリでの共同記者会見で発言した。

 ルメール氏は仮想通貨の値動きの激しさが金融システムに引き起こしうるショックや、マネーロンダリング(資金洗浄)への悪用を懸念しているとみられる。仮想通貨相場はこのところ下落が目立つ。代表的なビットコインの価格は1月中旬に入って2017年12月中旬につけた最高値のほぼ半値にまで落ちた。

 ドイツのアルトマイヤー財務相代行も「我々は市民に対してリスクを説明し、規制によってリスクを低減させる責任を負っている」と述べた。

 18年のG20会合はアルゼンチンが議長国を務める。議題を決めるのはアルゼンチンだが、仮想通貨が議題の一つに取りあげられれば、G20会合で話し合うのは初めてとなる。

 日本は17年4月に仮想通貨と現金を交換する取引所を登録制とする規制を導入済み。麻生太郎財務・金融相は12日の記者会見で「なんでもかんでも規制すればいいというものではない。バランスをとりながらやっていかなければいけない」と話していた。

投稿者 荒尾保一

ミュージカル「エビータ」初来日公演
2018/01/19

にこにこニュース)

ミュージカル『エビータ』が2018年7月に東急シアターオーブにて、初来日公演をおこなう。物語の案内役であるチェ役として、日本でもおなじみの実力派ミュージカル俳優のラミン・カリムルーが日本公演限定で出演することが決定した

タイトルになっているエビータこと、エヴァ・ペロンは、貧民街に生まれながらもモデルや女優を経て、アルゼンチン大統領夫人にまで上り詰めた実在の女性だ。彼女の33年にわたるドラマティックな生涯がミュージカルとなって誕生したのは40年前の1978年。アンドリュー・ロイド=ウェバー作曲、ティム・ライス作詞、ハロルド・プリンス演出という、ミュージカル界の巨匠トリオによる同作は1980年のトニー賞で最優秀ミュージカル作品賞を含む7部門を受賞し、金字塔的作品となった。その後、世界各地で再演が繰り返され、映画化もされた。そして、今年2018年、ロイド=ウェバー生誕70年を記念して作られた1978年初演時のオリジナル演出版が待望の初来日を果たすこととなった。

前述のとおり、物語の案内役チェとして、ラミン・カリムルーが日本公演限定で出演する。ブロードウェイ、ウエストエンドで上演された『レ・ミゼラブル』ではジャン・バルジャン役でトニー賞ノミネートの経歴を持つ。また『オペラ座の怪人』と、その続編である『ラブ・ネバー・ダイ』ではファントム役を演じ、ローレンス・オリヴィエ賞、最優秀ミュージカル男優賞にノミネート。日本で世界プレミア上演された『プリンス・オブ・ブロードウェイ』にも出演。その他『ミス・サイゴン』(クリス)、『サンセット大通り』など数多くのミュージカル作品に出演。日本国内でも多くの熱いファンに支持され、数々のコンサートやショーにも出演してきたが、今回、初めて日本における全幕ミュージカルに出演することとなり、その歌唱力のみならず、卓越した演技力にもますます期待が高まる。

ラミン・カリムルーからのコメント

ウエストエンド、ブロードウェイのオリジナル演出版『エビータ』でチェ役を演じることになり、とても興奮しています。日本の皆さんとは数々のコンサートやショーでお会いしてきましたが、全幕ミュージカルでひとりの登場人物として日本の舞台に立つのは今回が初めてです。この記念すべき瞬間を東急シアターオーブで皆さんと共有できることを心から楽しみにしています。


◆ストーリー
アルゼンチンの貧民街に生まれたエヴァは、私生児であったために不遇な少女時代を送った。その生活から抜け出すために女優を志した彼女は、首都・ブエノスアイレスに向かう。大都会での成功を夢みて辛い下積み生活に耐えるエヴァは、ラジオ番組に出演したことを機に一躍有名に。やがて、陸軍大佐として当時の軍事政権を動かしていたホワン・ペロンと運命的な出会いを果たす。エヴァは大佐に急接近し、成功を勝ち取りたいという野心的な2人はたちまち恋に落ちた。共に戦略を練り、政治活動を繰り広げる2人は結婚し、労働者層に絶大な支持を得ていく。その結果、大佐は民衆の心を掴んで大統領選で勝利。ついにファーストレディとなったエヴァは、新生アルゼンチンの象徴として国民の支持を一身に集めた。貧しい人々を助けるための財団を設立する一方で、集めた資金を私財に使うなど、悪事にも手を染めていたエヴァ。絶頂を極めた彼女だが、その時間は長く続くことはなかった。病魔に冒されたエヴァは、副大統領就任という夢を叶えることなく、アルゼンチンの人々への永遠の愛を誓いながら33歳の若さでこの世を去る。国民にとって希望の光でもあった彼女との別れに、国中が悲しみに暮れるのだった…。

公演情報
ミュージカル『エビータ』

■作詞:ティム・ライス
■作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
■演出:ハロルド・プリンス
■出演:来日カンパニー、ラミン・カリムルー(チェ役)

■日程: 2018年7月4日(水)〜 29日(日)
■会場: 東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)
■主催: Bunkamura / 日本テレビ
■企画・招聘: Bunkamura
■チケット料金: S席13,500円 A席11,000円 B席9,000円 (全席指定・税込) 学生チケット 6,500円 (税込・要学生証・詳細は後日発表)
■一般発売: 3月4日(日)
■生演奏・英語上演・日本語字幕あり
■未就学児入場不可
■公演に関するお問合せ Bunkamura 03-3477-3244 (10:00〜19:00)
■公式サイト:東急シアターオーブHP http://theatre-orb.com/lineup/18_evita/

投稿者 荒尾保一

法皇はまだアルゼンチンを訪れていない
2018/01/19

 (長谷川良 ウィーン在住)
ローマ法王フランシスコは15日からチリ、18日にはペルーと南米2カ国を訪問中だ。フランシスコ法王にとって既に22回目の外遊だ。南米ではブラジルを皮切りに7カ国訪問済みだが、不思議なことに、法王は出身国アルゼンチンをまだ訪問していない。


 ブエノスアイレス大司教のホルへ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿が2013年3月、コンクラーベ(法王選出会)で第266代法王に選出されて以来、新法王は同年、南米最大のカトリック教会のブラジルを訪問。そして15年にはエクアドル、ボリビア、パラグアイ、そしてキューバを、翌年16年にメキシコ、昨年は和平協定が締結されたばかりのコロンビアを訪問している。そして新年早々、チリとペルー2カ国を訪問中というわけだ。

 南米では、カリブ海諸国、ベネゼエラ、ウルグアイはまだ訪問していないが、フランシスコ法王が76年間生きてきたアルゼンチンをまだ訪問していないことに驚きの声が聞かれる。オーストリア代表紙プレッセ(1月16日付)は「なぜローマ法王は故郷を訪問しないのか」と疑問を呈する。ブエノスアイレス日刊紙クラリンは「フランシスコはチリ、ペル―を訪問しながら、なぜアルゼンチンを素通りするのか」と首を傾げる記事を掲載しているほどだ。

 前法王、ドイツ人のベネディクト16世(在位2005年〜13年)は就任後、ドイツに凱旋帰国している。久しぶりのドイツ人法王誕生ということで「おらが村の法王」といった雰囲気がドイツ国内にあった。冷戦時代に法王に選出されたヨハネ・パウロ2世(在位1978年〜2005年)は27年間の在位期間中に数回母国ポーランドを訪問し、ヤルゼルスキ共産党政権時代は文字通りワルシャワに凱旋し、国民に大歓迎を受けた。

 フランシスコ法王の場合はどうか。同法王の就任式典が2013年3月19日、バチカンのサン・ピエトロ広場で行われたが、母国アルゼンチンからクリスティーナ・フェルナンデス・キルチネル大統領が出席し、両者が歓談している写真を見ていると、新法王のアルゼンチン訪問も近いと受け取られたほどだ。

 しかし、アルゼンチンで大統領が変わり、実業界出身のマウリシオ・マクリ現大統領が就任すると風向きがガラッと変わった。マクリ大統領とフランシスコ法王との関係は良くない、といった憶測が流れてきた。マクリ大統領は2016年末、バチカンを訪問し、フランシスコ法王を謁見したが、両者の会談はわずか20分間で終わっている。マクリ大統領はブエノスアイレス市長時代、近くに住んでいたベルゴリオ大司教(現フランシスコ法王)とはほとんど交流しなかったという。

 別の理由も考えられる。フランシスコ法王はアルゼンチンの軍政政権時代(1976年〜83年、ベリゴリオ大司教時代)、独裁政権との関係がメディアで報じられたことがある。アルゼンチン国民の中には、「ベリゴリオ大司教は独裁政権への抵抗が十分ではなかった」、「修道院の同胞が迫害されても救援しなかった」、「彼は独裁政権の共犯だ」等の批判の声があった。

 それに対し、アルゼンチンのノーベル平和賞受賞者で自身も独裁政権下で迫害を受けたアドルフォ・ペレス・エスキベル氏は、「独裁政権の共犯となった司教たちがいたが、ベリゴリオはその中に属さない」と述べ、現法王の潔白を証していた。バチカン法王庁はフランシスコ法王の過去問題を「中傷に過ぎない」と一蹴してきた。

 プレッセ紙によると、法王は国内の政治問題に自身が利用されることを避けているという。左右両陣営の政党が法王の名を利用するケースが少なくないからだ。ちなみに、バチカン法王庁はローマ法王の母国訪問が実現できない最大理由を「日程の都合」と説明しているだけだ。

 フランシスコ法王と母国との関係を考えていると、「預言者は故郷では受け入れられない」と語ったイエスの言葉を思い出す。

 ナザレで成長したイエスに対し、「ナザレから何のよいものが出ようか」と嘲笑された。イエスがエルサレムに入り、福音を述べ伝えようとすると、イエスを知っているユダヤ人から、「彼は大工ヨゼフの息子だ。その息子がキリストであるはずがない」として、偽りを伝える危険人物と受け取られた。その時、「エルサレムよ、エルサレムよ」という有名な嘆きがイエスの口から飛び出したわけだ。イエスが嘆いたように、神が送った多くの預言者は過去、故郷では歓迎されず、むしろ迫害されてきた。

 フランシスコ法王は預言者ではなく、ペテロの後継者だが、ホルへ・マリオ・ベルゴリオの幼年期、青年期をよく知っているアルゼンチン国民は、案外、ローマ法王となったフランシスコ法王を理解するのが難しいのかもしれない。

投稿者 荒尾保一

豊田通商 リチューム生産能力を拡大
2018/01/17

 トヨタ自動車グループの豊田通商は16日、オーストラリアのリチウム資源開発会社オロコブレに約260億円を出資すると発表した。第三者割当増資などを通じて2月末までに株式の15%を取得する。電気自動車(EV)に使うリチウムイオン電池の需要が増加するとみられており、リチウムの安定調達につなげる。

 豊田通商とオロコブレは2012年にアルゼンチンに合弁会社を設立し、共同でリチウム開発を進めてきた。オロコブレ本体に出資して開発を加速させる。

 合弁会社はアルゼンチンのオラロス塩湖で年間1万7500トンのリチウムを生産。豊田通商が今回出資した資金を活用し、19年後半以降に生産能力を4万2500トンに引き上げることを目指す。(共同)

投稿者 荒尾保一

2017年インフレ率は24,8%
2018/01/12

 既報の2017年のインフレ率について、INDECが発表したところによると、昨年12月の消費者物価上昇率は3,1%の上昇で、2017年通期のインフレ率は24,8%となった。
 上昇率が最も高かったのは、住居、水道、電気、ガス、燃料等の部門で55,6%の上昇、次いで通信が34,1%、教育が31,5%の上昇であった。
 地域別では、ブエノスアイレス市が最も高く、26,1%の上昇で、主たる要因はガス及び電気料金の引き上げであった。
 
 他方ペソ安が進行し、ドルレートは、一般向け売りの公式レートは、1ドル=18,99ペソ、ブルーレート売りは19,38ペソ、買いは19,98ペソとなっている。

投稿者 荒尾保一

亜政府日本との租税協定交渉開始を発表
2018/01/11

 アルゼンチン政府は、日本政府との間で、二重課税防止及び脱税防止のための租税協定交渉をこの水曜日から東京で開始する旨を発表した。
 この発表によると、近年日本アルゼンチンへの投資は増加傾向を示しており、2015年から現在までに920百万ドルの投資が行われた。また、二国間投資協定及び税関協力協定の交渉も進展している。ハイレベルの人的往来も活発化しており、安倍首相の訪亜、マクリ大統領及びミケティー副大統領の訪日も実現した。
 2016年の両国間の貿易額は、1,611百万ドルであったが、2017年1月から11月までの貿易額は1,580百万ドル(前年同期比7%増)であったとのことである。

なお、日本国外務省もアルゼンチンとの租税条約交渉開始を発表している。

投稿者 荒尾保一

2017年のインフレ率24%程度
2018/01/10

 NACION紙の報道によると、アルゼンチンの2017年のインフレ率は、24%程度になると予測されている。
 INDECは、昨年11月の消費者物価の上昇は1,4%であったと発表し、2016年12月末から今年11月末までの上昇率は21,0%であったと公表している。
 NACION紙は、2017年12月のインフレ率について、INDEC内で、2,5%から3%の範囲で計算中であり、2017年通期では24%の上昇になるとみている。この上昇の主な要因は、輸送、燃料、公共サービス、ガスなどの値上げにあるとしている。
 24%の上昇は、昨年の中銀の予測に比し、7〜12ポイント パーセント高く、2018年のインフレ予測に大きく影響を与えることは避けられないとみられる。
政府は、今年の消費者物価上昇率の目標を15%とし、
予算案等を作成している。また、各部門での賃上げについてもこれを前提にしているが、労組等からはより高い賃上げの要求が出てくることが予想され、労働省の介入を求める声も出ているとのことである。
投稿者 荒尾保一
 

ダカール2018始まる
2018/01/08


【ダカール2018】南米10回目となる通算第40回大会がスタート…初日トップはトヨタのアルアティア

年頭のモータースポーツシーンを彩る「ダカール ラリー」が今年も始まった。第40回大会は南米のペルー、ボリビア、アルゼンチンを舞台に、現地1月6〜20日に競技が実施される。初日の四輪部門首位にはトヨタ・ハイラックスを駆るナッサー・アルアティアが立った。

今年で第40回大会を迎えた世界一過酷なラリーレイド、「ダカール ラリー」。かつてはアフリカ大陸が戦いの主舞台で、セネガルの首都ダカールがゴール地としてほぼ定着していた。だが、2008年の第30回大会がアフリカ地域の政情不安等の問題によって中止となり、翌2009年からダカール ラリーは南米開催へと舵を切った。

南米開催10回目となる今年、2018年大会はペルーの首都リマをスタートし、ボリビア、アルゼンチンの3カ国を通る約9000kmの行程が組まれている(天候等で変更の可能性あり)。

現地6日、競技初日のステージ(競技区間)は31kmと短いもので、まだ小手調べといった状況だと思われるが、四輪で3年連続総合優勝を目指すプジョー陣営には早くも波乱含みな状況が発生してもいる。WRCの9連覇王、自身初のダカール制覇を目指すセバスチャン・ローブがブレーキトラブルに遭遇、「とにかくスローに走った。ステージを終えることだけが望みだった」という状態に陥り初日26位(首位と5分37秒差)、やや出遅れた。

他のプジョー勢では、自身3連覇で個人通算8回目となる四輪総合優勝を狙うステファン・ペテランセルが11位で最上位。シリル・デプレが15位、カルロス・サインツが16位となっている(いずれもトップとの差は3分圏内)。

初日、四輪のトップに立ったのは「トヨタGAZOOレーシング 南アフリカ」(TGR-SA)のハイラックスで戦うナッサー・アルアティアだった。過去2度のダカール四輪総合優勝歴を誇るアルアティアは、21分51秒のタイムで2018年最初のステージを制している。TGR-SAのハイラックスは初日1-2発進。彼らが『プジョー3008DKR Maxi』勢を相手にこの先どんな戦いを演じるのか、楽しみなところである。

2018年のダカール ラリーには四輪92台、二輪139台、トラック44台などが参加。競技は現地20日まで続き(12日は休息日)、アルゼンチンのコルドバにゴールする予定となっている。

投稿者 荒尾保一

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
| 検索 | 管理 |

- Topics Board -